愛知県豊田市の結婚式場 プルーナ マリエール

愛知県豊田市の結婚式場 プルーナ マリエール

Preparation Manual 結婚式準備マニュアル

結婚準備に必要な知識とノウハウがわかる結婚式準備マニュアル

  • 1年~半年前
  • 半年~4ヶ月前
  • 4ヶ月前~1ヶ月前
  • 1ヶ月前~前日
1年〜半年前

お互いの親御様への挨拶

親御様へ報告した後、挨拶に行く日時を決定
訪問の時間に気を使いましょう
一般的には男性が女性の家に先に挨拶にいきます。
ベストの訪問時間は食事の準備の手間をかけない週末の14:00〜16:00がおすすめです。
手土産を準備し、いざ挨拶へ
親御様の前での呼び名には注意しましょう
普段はニックネームで呼び合っていても、最初に挨拶に伺った時は、親御様の前で「○○さん」と下の名を「さん」付けで呼びましょう。
相手の親御様は「○○さんのお義父さん、お義母さん」と呼びましょう。
帰宅後
帰宅後、お礼の電話もしくはお礼の手紙を差し上げておけば、さらに礼儀正しい印象に!

両家の顔合わせ

両家の日時を調整し会場を手配
会場・費用について考えましょう
落ち着いて過ごせるレストランや料亭、ホテルなど個室があるところがお勧めです。
費用は一人1万円程度が一般的です。本人たちが払うかまたは両家で負担します。
金額は両家の人数で計算か折半にするか話し合って決めましょう。
流れに沿って穏やかな雰囲気で進めましょう
流れについて知っておきましょう
  1. 男性の父親、又は男性本人の始まりの挨拶
  2. 進行役が音頭をとり乾杯
  3. お互いの家族紹介(始めに男性側の親御様紹介、その後女性側の親御様紹介)
  4. 婚約記念品の交換
    ※婚約を交わす証としてお互いに贈る品物のことを婚約記念品といいます。
     最近は結納はせずに このお食事会の場で婚約記念品だけ取り交わすカップルも増えています。
  5. お食事と歓談
  6. 本人達から挨拶

結納の取り交わし

結納のスタイルを決める
今どきの結納スタイルの略式結納について
最近は仲人を立てずに行なう結納や、仲人がいても両家が一同に会して行なう結納が一般的になっています。 いわゆる「略式結納」と呼ばれる方法です。
ただ、略式といっても結納には古くからしきたりやマナーがありますから、結納を行なうのであれば、形式に沿って進行するようにしましょう。
結納に必要なものを準備
便利な結納パックを利用してみてもよいでしょう
最近ではホテルや式場などで用意している結納パックを利用するケースも増えています。
会場を結納用に飾り付け、料理や飲物なども全て任せておけるというのが人気の理由です。
室料、結納品、料理、飲物、装花、スナップ写真がセットになっていて、6~8名プランで10万~20万の所が多いようです。
ただ、結納品を自分たちで用意しなくてはならないところもあるので、事前に確認しましょう。
※結納品はデパートや、インターネットでも1.5~10万円くらいで購入できます。
結納金について知っておきましょう
「このお金で結婚の支度をしてください」という意味で、男性から女性へ結納金が贈られます。
50~100万円というキリの良い現金を包みます。女性は結納金の半額を「結納返し」をします。
金額や形式は地域によってさまざまなので、両家でよく相談したほうがより良いです。
流れに沿って穏やかな雰囲気で進めましょう
結納の基本的な流れを知っておきましょう

基本的な流れを把握してスムーズに進行しましょう。

  1. 結納品を飾る
  2. 挨拶と着席
  3. 男性側の父親があいさつする
  4. 男性側からの結納品を女性側に納める
  5. 女性側が目録をあらためる
  6. 女性側の受書を男性側に渡す
  7. 女性側からの結納品を男性側に納める
  8. 男性側が目録をあらためる
  9. 男性側の受書を女性側に渡す
  10. 結びの挨拶をする
  11. 祝宴

結婚式に関する大枠を決めていきます

招待客ゲストのリストアップ
招待客のバランスについて気を配りましょう
両家でよく話し合う事が大切です。
親戚関係は親御様に、勤務先に関しては、先輩に相談してみましょう。
招待者の人数は両家バランスよく同数にすることが理想的です。
差が出る場合でも6:4ぐらいまでにしましょう。
挙式スタイルを決めます
4つの挙式スタイルから検討しましょう

ふたりで話し合って挙式スタイルを決めましょう。

  • ・チャペル式
  • ・神前式
  • ・人前式
  • ・仏前式
結婚式の会場探し、または会場を決める
見学やフェアを利用して実際に見てみましょう

会場選びをスムーズに進めるためには、ふたりの希望や方向性を会場見学に行く前に具体的に相談し、どんなポイントを重視しながら会場を検討していくのか?
事前にふたりでしっかりと話し合っておきましょう。
会場の情報は、主に結婚情報誌やインターネットやブライダルフェアから収集できます。
場をあまり絞り込み過ぎずにリストアップしていきます。
その中から、実際に見学に行ってみたい会場を選び出しましょう。

日取りを決定し勤務先や友人へ報告
日取りや都合をしっかり確認します

仕事のスケジュールや気候、予算的な都合など、ふたりにとって無理のないタイミングを事前に検討しておくことが大切です。

■決定の際のポイント■

  • ・余裕をもった準備ができるか
  • ・仕事の繁忙期と重ならないか
  • ・新婚旅行休暇がとれそうか
  • ・招待ゲストの都合がつきやすい時期か
  • ・暦の上で良い日取りか
勤務先・友人への報告は早めにしましょう
まずは直属の上司へ報告します。結婚退職する場合は引き継ぎ期間などを配慮して退職時期を決めましょう。
親族のみで行う結婚式などは本当は招待したかった、という言葉を添えて 早めに伝えるべきです。
友人の場合はいきなり招待状を送るのではなく、事前に連絡を取りお相手の都合を伺ってからにしましょう。
衣裳打合せスタート
コスチュームコーディネータからのアドバイス

衣裳は結婚式のイメージを左右する大事な要素の1つです。
「当日や前撮りは何を着ようかな」、「どんな雰囲気の結婚式にしたいかな」と、イメージを膨らませましょう。
ふたりでまたは親御様としっかり相談して、数ある衣裳の中からオンリーワンを選びましょう。

ページの先頭へ

半年~4ヶ月前

結婚式後の新生活についても準備をしておきます

衣裳決定、新婚旅行の予約、新居探しをしていきます。

ページの先頭へ

4ヶ月前~1ヶ月前

結婚式に関する詳細を具体的に決めていきます

招待状の作成・発送、スピーチや受付の依頼をします
祝辞・スピーチ・余興・受付係などは2ヶ月前までにお願いしましょう
主賓は両家から1名ずつ決めますが、勤務している会社の一番役職の高い方にお願いするのが一般的です。
事前に打診をし、その後に招待状と共に依頼書を送ります。
ブライダルエステ スタート

エステサロンについては式場でご紹介しております。詳しくは各会場に確認ください。

お電話でお問い合わせ

0565-34-2266平日:12:00~19:00 土日祝:10:00~20:00

二次会の手配を行います

二次会の会場については式場でご紹介しております。各式場にお気軽にお尋ねください。

お電話でお問い合わせ

0565-34-2266平日:12:00~19:00 土日祝:10:00~20:00

招待客を確定し席次を決定。遠方からのゲストのために宿泊先や送迎の手配も行います
席次の決定について
メインテーブルから近い順に、会社関係、友人、親族、家族の順に配置しましょう。
また、各テーブルの席にも上座がございます。目上の方は配席に失礼がないように上座の順番をしっかりと考え配席しましょう。
ただ、ご年配、お子様など配慮が必要な方はお過ごし頂きやすいことを優先して配席して頂くことをお勧めします。親族、家族の席順については親御様とよく相談して頂きながら時間にゆとりを持って配席しましょう。
宿泊施設・送迎について
宿泊施設・送迎の手配については式場でご紹介しております。各式場にお気軽にお尋ねください。
お電話でお問い合わせ

0565-34-2266平日:12:00~19:00 土日祝:10:00~20:00

料理、演出、司会、進行、BGMなどの細かな仕様を決定していきます
料理・演出・BGMについて

■料理
ゲストへのおもてなしで一番重要なのはお料理。プルーナ マリエールでは本格フレンチ、創作フレンチ、創作和風という種類がございます。お打合せの中でメニューをセレクトして頂き、 おふたりが選んだ料理でゲストをおもてなし。おふたりらしさが溢れる披露宴にしましょう。
また、アレルギーの対応も行っておりますので、皆様に安心してお食事を楽しんで頂けます。

■演出
演出についてはやりたいことをピックアップして頂き、優先順位の高いものから取り入れて頂くことをお勧めします。また、しっかりと歓談の時間をお取りすることで披露宴全体にメリハリがつく為、歓談の時間を十分取るようにしましょう。

■BGM
BGMについては披露宴の雰囲気を作り出す大切な役割を担っています。
おふたりの思い出の曲、お好きな曲を盛り込んでおふたりらしさ溢れる披露宴にしましょう。

引出物注文
近年の引出物は年代や性別によって分けて贈ることも多くなっています
招待客の顔を思い浮かべながら、その人にあったもの、かつふたりらしさが出せる引出物を選びましょう。
装花、ブーケ、写真、ビデオ決定
装花やブーケについて
カラードレスの色やテーブルクロスの色、会場全体の色味などを考えながらどんな色味のお花を使いたいかを考えてみましょう。
使うお花の色によって会場の雰囲気も変わってきます。
フラワーコーディネーターに自分のイメージを口頭で伝えるのはなかなか難しいものです。
雑誌などを見て自分のイメージに近いブーケの色味や形などを少しずつスクラップしておきましょう。
それをフラワーコーディネーターとの打合せの際にお持ち頂きイメージを伝えるとギャップが生じることなく伝わりやすくなるでしょう。

ページの先頭へ

1ヶ月前~前日

いよいよ直前です。メイク・ドレスの最終決定や前撮りなど事前に済ませられることは済ませておきましょう

メイクの最終決定や前撮りなど事前に済ませられる事は済ませておきましょう。

ヘア、メイクの打ち合わせやドレスの最終試着
ヘア、メイクを決めるときの注意

■事前にイメージを作ろう
自分のイメージに合ったヘアスタイルの切り抜きや写真などを持参して「担当スタイリスト」「担当スタッフ」へ見せてイメージを伝えるとより伝わりやすくなります。

■ウェディングドレスとのバランス
ドレスの写真を持参しましょう。ドレスのデザインやボリュームによってヘアスタイルも変わってきます。

■リハーサル時の服装も大事
タートルネックなどは避け、なるべく首周り、胸元がすっきりしたデザインの白やベージュのものにしましょう。よりイメージがしやすくなります。

■カメラを持参
カメラをお持ち頂きリハーサル時のヘアスタイルを忘れないように撮っておきましょう。

前撮りしておけば当日はゆったりできます
前撮りでゆったり思い出づくりをしましょう
前撮りでは、館内全体を使っての撮影が可能です。
衣裳や小物1つに至るまで細部にこだわって、前撮りならではのお写真を残しましょう。
和装での撮影は、神社でロケーション撮影がおすすめです。

ページの先頭へ

  • Question よくあるご質問
  • Preparation Manual 結婚式準備マニュアル
  • Hospitality ゲストの皆様へ

Pick Up 今月のおすすめコンテンツ

  • Maternity / Family マタニティ・ファミリーウエディング
  • 【WEB限定特典】本WEBサイトから見学予約してご来館された方に、ロクシタンセットorマリアージュ フレール「マルコポーロ」今だけプレゼント さらにご成約いただいた方には送迎バスが1台無料!※片道50kmまでに限ります。
  • Four Style Wedding for you プルーナの4つのウエディングスタイル
  • 式場コンセプト プルーナ マリエールについて
  • フォトギャラリー 写真で見るマリエール
  • ブライダルフェア体験記 デート気分で気軽に参加♪

Bridal Fair ブライダルフェア

私たちと一緒に「憧れのウエディング」をカタチにしませんか? ブライダルフェア一覧を見る